ビジネス英語のレッスンに行こう【定期的に通うことが上達への近道】

日常英会話との違い

ABC

相手を意識して話す

日本語には敬語があります。敬語や謙譲語、丁寧語などいろいろな言葉あり、話す相手によって使い分けます。通常は一般的な言葉を使うので、いざ敬語などを使わないといけないときにはうまく話せないときもあります。もし敬語を話さないといけないときに話せていないと、知らないうちに相手に不快な思いをさせてることにもなるので注意が必要でしょう。では日本語以外において敬語が存在するかですが、英語には似た使い方をするときがあります。英語には日常英会話とビジネス英語があります。同じことを表現するときにも両者では多少違いがあります。日常英会話は誰にでも使える話し方です。身につけている人もいるかもしれません。ビジネス英語ではビジネスにおける会話になり、上司であったり取引先、お客さんなどに対して話をするときに使います。社内で同期の同僚と話すときであれば日常英会話でいいでしょうが、上司などになるとビジネス英語として使われる表現をしなくてはいけません。ビジネス英語はビジネスの世界で使うべきとされる英語ですが、日常英会話との違いを知りながら学ぶと良いでしょう。学ぶための教室に行くときでも、日本語との比較も必要ですが、他の英語表現との違いをきちんとしてくれるところの方がいいでしょう。この場面ではこの表現は良くなくて、こちらの表現をした方がいい等があるかもしれません。ビジネスにおいて、日常英会話と話すべき英語表現が混乱せずに学べるところを利用しましょう。